投稿者「wonderegg」のアーカイブ

娘に身長サプリを2年間飲ませた理由と結果

中学1年生の時に娘が、「もっと背が伸びたい」と言い出しました。

当時、娘は身長が159cmあり、学年では背が高い方でした。私はとしては、女子で159cmであれば平均的かなと思っていたのですが娘は違ったようです。

モデルのようにスラッとした体形に憧れ、165cm以上は背が伸びてほしいと言ってました。背が伸びたいと言っても、「はい、どうぞ。」と言うわけにもいかず、母として何ができるのだろうかと考えました。

身長を伸ばすためにしてあげられること

私は身長158cm、主人は身長163cmと割と小柄なタイプです。しかも娘はもう中学1年生で伸び盛りの時期は少し過ぎていました。

そんなわけで、娘の身長はもうこれ以上さほど伸びることはないだろうと思っていました。ですが、娘本人がもっと背が高くなりたいと言っているので、無理だろうとは思いながらもできる限りのことはしてあげたいと考えました。

子供の成長に必要なことといって思いつくことは、睡眠、運動、栄養の三つです。

睡眠は、なるべく遅くとも10時までには寝かせるようにしました。運動は、娘は陸上チームの100mの短距離選手で普段から運動を行っていたので、家でのストレッチを心がけるようにさせました。後は、食事面でのフォローです。

私は、働いていることもあり普段、食事作りにそれほど手間を掛ける時間はありません。

栄養に関しての知識もほとんど持ち合わせていません。ということで、身長サプリで足りない分は補ってもらおうときめました。

2.身長サプリを選ぶ基準

身長サプリを選ぶと決めてから、ネットでいろいろと検索してどのサプリがいいのか調べました。

骨格の形成に不可欠のカルシウムはもちろん、ビタミンDや鉄分、ミネラルなどたくさんの栄養素が必要となります。

栄養が豊富であるのはもちろんですが、毎日のことなので、続けられるぐらいの価格でないといけません。成分、価格や口コミなどを調べて身長サプリを選びました。

身長サプリを飲んだからといって、必ず身長が伸びるものとは限らないことは納得したうえで購入を決意しました。むしろ、私は、身長は伸びなくても子供の成長に必要な栄養素が取れたらいいかなぐらいの気持ちでした。

娘は、中学の陸上部で100mの選手で、毎日ハードな練習をしていました。運動する成長期の子供たちにとって、身長サプリは、体に良い栄養素がたくさん含まれていたからです。

3.身長サプリを2年間摂取した結果

娘は、中学1年生の夏頃から中学3年生の半ばまで2年ほど身長サプリを飲み続けました。結果、中学1年生の夏には159cmだった身長が、今では163cmです。

身長サプリを摂取してから4cm背が伸びたことになります。娘の成長ピークは小学4年生から6年生に掛けての頃でピークは過ぎていたのですが、その割にはよく伸びたものだなと思います。

この結果が、サプリによるものか正確なデータはありませんが、私は、半信半疑ながら毎日続けて飲ませてきて良かったなと思います。

成長期を過ぎてから、あの時飲ませておけば良かったと思うぐらいなら、多少お金は掛かりますが、娘のためにやれるだけやっておいたことで満足できました。

まとめ

現在、娘は高校生になり、陸上の強い高校に入り毎日クラブ活動に忙しくしています。

身長163cmは、100mスプリンター女子の中では誰にも引けを取らないような体格です。あの時、身長サプリのお世話になっていて良かったなぁとつくづく実感しています。

>>身長を伸ばすサプリランキング

アメリカ海外ドラマ

私が大好きだったアメリカのドラマクローザー。ロサンゼルス市警察、刑事部殺人特捜班のお話
主人公ブレンダ・リー・ジョンソンという特捜班班長がいるのだが、この女性が犯人を逮捕して事件をクローズしていく。このブレンダがめっちゃくちゃかっこいい!
仕事モードがONになってしまうと上司だろうが男だろうが噛み付くし、厳格だしめちゃくちゃ怖い。まさに働くアラフォー女子。だけど犯人を突き詰めていく才能、洞察力、事件を紐解き解決していく才能がものすごく長けているし最高にデキる女性なのだ。尋問しているシーンが特にかっこいい!見ていて憧れてしまうし男を従えて仕事をしている姿は女性から見たらやっぱりかっこいい
一方でアラフォー女性たる可愛さも持ち合わせているブレンダ、事件が解決すると必ず机の引き出しからチョコを取り出してぱくつくのだが本当に幸せそうに食べていて可愛い、かなりのスイーツ依存症なのだ。旦那さんはFBIの方でよく仕事場に来るのだが旦那様の前では可愛らしい奥様に変身してしまったりして同僚を困惑させる。
ドラマのストーリーはと言うと、殺人事件を扱っているので多少血は出てくるものの、さくさく進む話と展開が面白いし、事件解決までの謎解きがとてもわくわくして見てて楽しい。1話見ただけでハマってしまったくらい大好きなドラマでした

酷い脂性肌型ニキビからの脱出

私は高校時代から29歳の今まで、ずっとニキビに悩まされて来ました。
混合肌のニキビなんて可愛いものじゃなくて、数時間経てば顔中油でギトギトになる位酷い脂性肌です。
皮膚科に通ったりしましたが、私は内服薬にアレルギーが出て、唇が紫色になって使用を断念、弱い内服薬に変えた途端またニキビがぶわっと再発してもう顔がずっとゴーヤみたいにデコボコしていました。
好きな人もいたし、そのままじゃとても人前に出られないからって高校生の時に初めてファンデーションやらコンシーラーやら、OLさんが使いそうな値段のものをいくつも買って重ね塗り、そしてまたニキビが悪化して、熱を持って顔全体が変に大きくなったみたいに腫れていました。
今も結構生理前に首・アゴ周辺に大きな吹き出物は繰り返し出来るんですが、比較的昔に比べたらマシになったと思います。
宣伝をしたい訳でないんですが、完全に脂性肌の人はプロアクティブをおすすめします。
洗顔料はスクラブが入ってるし、ふき取り化粧水は結構ピリピリするので敏感肌やちょっとでも乾燥するタイプの方にはお勧め出来ません。
しかしこのスキンケアラインを使えば、自分の横汚れた顔の脂が一掃出来て、続けて使っていたら段々油ギッシュじゃなくなって来たので本当一度試してみて欲しいです。
あと、脂性肌の人はクレンジング不要のファンデーションでも必ずクレンジングをすること。
良くメイクが落ちるからといって、オイルタイプのクレンジングは使わないことです。
これだけで、1か月経てば大分違ってくると思います。

さすが師走です。街は買い物客で混んでいました。車は渋滞していました。

先ごろの新聞に最近しめ縄を飾らないお宅が増えて来たという記事が出ていました。どうしてなのかは推定記事しか書いてありませんでしたが、
それはしめ縄が結構いい値段になったということらしいとの記事でした。うちで買ったのが2本で1,080円でしたからそれほど高いとも思いません。
何か人々の考え方が変わったのかなとも考えてみましたがわかりません。
達磨も昔に比べると売れなくなったという話は露天商の人から聞いたことがあります。
その達磨ですがびっくりした記事が同じ記事の下に書いてありました。達磨の本体が今にプラスチックになるというのです。
もう出回っているそうです。達磨屋さんは絵と文字だけをかけばいいのだそうです。時代なのでしょうかね。私はその達磨は買いません。

世の中は私のような年代のものにはついていけません。わからないことが多すぎです。
うちの孫が大人になる頃は日本はどうなっているのでしょう。国民の暮らしは大丈夫でしょうか。
その頃私はこの世にはいないでしょうが心配です。
三流国になってしまっているかいやいや日本人のことだから踏ん張って世界を相手に商売をしているであろうかいろいろ考えます。
お金持ちにはならなくても良いけれども世情が安定していないと犯罪が頻発するようになってしまいます。
ある程度経済も安定が大事です。

親子で好きなドラマ

うちの娘は2歳。まだ2歳なのにドラマを見る。勿論
アンパンマンも大好きなんだけど、それは再放送し
ている『赤い霊柩車』。

お昼寝していても再放送が始まって「あきこさんと
としひこさん始まってるよー」か「赤い霊柩車始ま
ってるよー」でほぼ100%起きる!

確かに妊娠中も乳児の頃も私が大好きで見ていたけ
ど、 テレビにかぶりついて見てる娘の姿を見ている
とおかん的に大丈夫なのす少し心配になってくる……
一応血も出るシーンもあるしね。

これが娘がつかまり立ちが出来るようになった頃か
らだからかれこれ1年以上も見てる。あきやまさん
が出てきて「あっこはんー」なんていうと娘は「ダ
メーいしょがしいでしょー」とテレビに声をかける
ようになったのはつい最近。もうストーリーものを
見ていられるようになったんだーなんて成長を感じ
だけど、よう知ってるなぁーおばちゃんか?君は。
と思わなくもない。

でも楽しみみたいで毎週これがないとなんとなくテ
ンションが低めの娘。見ながらおやつ食べてるから
おばちゃんの域なのか……。

ちょっとやらない時があってその代わり「ドクターX
」が入っていて、何度か見るうちに私がはまり娘も
はまり、「みちこー」と呼び捨てで呼んでます。

やっぱり親の影響なのかな。少し見るもの考えないと
どんどんおばちゃん化の2歳児になってしまう気が~

でも楽しいんだもん!両方とも!

川島パーキングにいきました

先日、主人の友達家族4人とうちの家族4人の合計8人で、岐阜の川島パーキングにいってきました。

川島パーキングは淡水魚水族館、観覧車、遊具、バーベキュー、コンビニもあり1日遊ぶことができます。高速道路のパーキングにもなっているのでとてもたくさんの人でにぎわいます。

その日もかなり混むだろうと予想していたので、開店する9時半に現地に向かいました。子連れなので各々弁当をもっての集合です。

前日の夜に唐揚げの仕込みはしておきましたが、やはり当日朝からバタバタと時間が過ぎてゆき、なんとか出発することができました。

集合が早かったので、駐車場は余裕でとめることができました。川があるということなので、早速3歳の娘を水着に着替えさせ川遊びをみんなでしました。

すでに人がけっこういていっぱいです。マスのつかみどりもしていたので、申し込みをして娘に体験させました。

大人も入れるかと思ったらまさかの子どもしか入れず娘は魚を怖がってなかなか掴むことができません。親は入れないけど近くまで行けたので、スタッフさんも網で手伝ってくれて、パパも手伝って魚を袋に入れました。

その魚はすぐに焼いて食べることができ、炭火焼きなのでとても美味しかったです。そのあと、お弁当をみんなで食べて、かき氷を食べて、あまりに暑かったのでイオンに避難しました。

とても充実した休日を過ごすことができました。

学生の頃、悩まされたニキビ

学生の頃にニキビで悩まされました。
当時は、顔から首にかけて無数のニキビが発生し、特にオデコに関してはニキビが発生していない箇所はなかった程で、ほぼ顔全体がニキビに覆われ、それは悲惨なものでした。
原因については、元々脂性であったこともありますが、清潔にしていなかったことに尽きると思います。
特に、隙を見てはニキビを指で潰していたので、潰した部分からバイ菌が入り、また新たなニキビが発生する、という悪循環でした。

治療に関してはクレアラシルなどのニキビ治療薬を常に使っていましたが、直接的な効果はあまり感じませんでした。
最終的に最も効果があったのは、常に顔を清潔に保つことでした。

今までのニキビ洗顔選びがすこし間違っていたのかもしれません。
大人ニキビに効く洗顔特集では、ニキビに効く洗顔だけが紹介されているので、とても参考になります。

まず、日常的に行ってきたニキビを潰したり。意味もなく指でいじったりする行為を、意識して我慢するようにしました。
顔に溢れてくる油については、油紙で定期的に拭き取るようにしました。
そして、学校に洗顔料を持参していき、休み時間の度に、念入りに洗顔を行うことを習慣にしました。
効果は驚く程すぐに現れ、この習慣を続けて1ヶ月後には、顔中に溢れていたニキビは半減し、3ヶ月後にはほとんどなくなりました。
その間、ニキビ治療薬については、ほとんど使用していません。
ちなみに、洗顔料はビオレが最も効果があったと思います。

以上、ニキビのケアはとにかく清潔にする、それも意識して徹底的に実践することにほかなりません。

阪神・淡路大震災から丁度20年

明日2017年1月17日で、丁度阪神・淡路大震災から20年になります。

私は神戸生まれの神戸育ちで、高校卒業まで神戸市に住んでいました。その後大学は名古屋、就職は千葉へと移り住みました。震災が起こった時は、私は千葉にいました。

関東はしょっちゅう地震がありました。でも、まさか関西であれほどの大きな地震が起きるなんて誰が予想できたでしょう。

私も18年神戸に住んでいましたが、体に感じる地震は1回、それもほんの少し揺れただけでした。4年前の東日本大震災では、地震の揺れと津波で大きな被害を受けました。

阪神・淡路大震災では地震の揺れと火事で大きな被害を受けました。神戸の街が焼け野原になっている映像を見て、阪神高速の橋脚が倒れている映像を見て、何階かは忘れましたが三宮にあるデパート「そごう」のフロアが潰れている映像を見て大きなショックを受けました。

震災の後に神戸に行ってセンター街のアーケードがなくなっている光景を目にして涙しました。今、私は神戸市に住んでいます。神戸は地震から復興して元気な街に戻りました。

まだまだ見えない部分で、助けを必要としている人もいると思いますが。阪神・淡路大震災で命を失われた方、東日本大震災で命を失われた方、その他自然災害で命を失われた方、心よりご冥福をお祈りします。

止まらない読書欲・知識欲

私は昔から本を読むのが大好きで、母親によると3歳で勝手に絵本を読み始めていたというエピソードもあります。
小学校・中学校は主に「文豪」と呼ばれる方々の作品を乱読し、高校に入ると近代作家や流行りの本を読む毎日でした。
そして最近では、児童書の魅力に惹かれ、ぽぷら文庫や青い鳥文庫などの児童向けの作品をよく読んでいます。
大人になってから児童書を読むと、小さい頃には気がつかなかった新しい発見が沢山あり、年甲斐もなく楽しんでいます。
あとはハウツー本や知識本を読み漁って、知識欲の赴くままにどんどん勉強していっています。
他には読書とは強制された勉強であったのに対し、今は気の向くままに、自分の好きな勉強をすることができています。
読書にも勉強にもいえることですが、精一杯楽しむことを心掛けています。
強制されて勉強をしても頭に入ってこないですし、難しい本を無理に読んでも楽しくなるどころかしんどくなってしまいます。
そして、私は本を買うとき、自分への先行投資だと考えてもったいないと思わずにどんどんお金を使っています。
本当に手元に置いておきたい本は本屋で買ってきて、一回しか読まないであろう本は図書館で借りる、という工夫もしています。
この読書浴・知識欲はおそらく生涯なくなることはないと思います。
大好きな本に囲まれながら、一生を終えるのが私の願望です。

なんだかお天気?

10月最終の土日はいいお天気と思っていたら、週明けての月曜は午後が下り坂お天気です。
この日も午前中は良く晴れて汗ばむくらいだったのに、昼食終えたところでクールダウンしたようです。

あれと思ったら風音がして外では木枯らしのようなお天気に、午前中と午後でこんなにお天気と空模様がちがうなんてなんだろうな~と思いました。
少しずつ陽がかげって夕方くらいならわかりますが、あまのじゃくみたいなお天気で部屋着に足元の靴下も温かく。
午後のまんなかでこんなお天気なら夕方とか夜になったら気温もダウンもしますよね、寒くならないうちにあったか身支度しました。

慣用句などでよく言われる「女心と秋の空」のごとく、この日のお天気みたいに女性の心も秋の天候もかわりやすいものでしょうか。
予想気温の25度~26度から180度ほど転換したみたいな感じ、Tシャツ一枚からセーター重ねているのがちょうどです。
のんびりしていた衣類の整理も完了したし、気温が下がっているとしておいてよかったなと思います。
本格的に寒くなる前に季節の準備、備えあれば憂いなしというし、初夏の頃よりも衣類や室内、秋から冬の支度は早めできちんとしておかなくてはなりませんね。