昨日の夕食はおかずが多くて舌鼓を打つ

“昨日の夕食は非常におかずが多かったです。
まず刺身なのですが、まぐろやサーモン、鰹のたたきなどで、まぐろは2種類あって舌鼓を打ちました。

そしてワインも炭酸の白ワインから安い紙パックの赤ワインがあり、久しぶりのお酒で私はついつい何杯も飲んでしまいます。
それを飲みながらの刺身は正直合わないと思うのですが、それでもどちらも好きで美味しかったです。

あとワインのおつまみにチーズが用意されていたのですが、それはどれもやわらかいもので少し物足りなかったです。
前に買った外国産の硬い歯ごたえがあるチーズを懐かしく思うので近い内買いに行きたいと思いました。

揚げ物も数種あったのですが、どれもスーパーの惣菜なので無難に美味しかったです。
ただイカのから揚げは我が家の食卓では珍しく、イカの歯ごたえと旨味、そしてフライの香ばしさで気に入りました。

そして最後はプラスチックのカップのケーキです。
ティラミス、モンブラン、レアチーズなどの種類があり、私は秋なので栗に関心があってモンブランを選びました。
こういうカップだと保存が利いたり重ねるだけなので楽に作れるのではないか、と感心しながら食べたのですが、コンビニスイーツと言った感じです。

さて、なぜこんないつもより豪華な食卓だったのかと言うと、中越地震から10年のお祝いだそうです。
私は体験してなかったので今一感慨が薄いのですが、家族が生き残っていて良かったと思いました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です